かまぼこ産業振興プロジェクト

1.趣 旨

(1)目 的

松江市の伝統産業である「かまぼこ」の商品開発及び販路拡大等に取り組み、

松江市のかまぼこ産業の発展につなげます。

(2)背 景

かまぼこは、約900年の歴史をもつ日本の伝統食品です。

松江市においても、松平不昧公が命名したとされる「あご野焼き」に代表され

特産品として多くの皆様に親しまれ受け継がれてきました。

しかしながら、昭和50年(1975年)以降、かまぼこの消費量は減少の一途

たどっており、今後の人口減少や購買層の高齢化など将来展望においても

厳しい状況が続くと見込まれるところです。

このため、平成26年11月、東出雲町のかまぼこ製造企業3社が「揖屋かま

ぼこ研究会」を立ち上げ、商品開発・販路開拓・食品衛生・パッケージデザイン

などに連携して取り組む体制ができたところです。

このたび、この研究会をさらに発展させ、かまぼこ産業の振興に関わる団体

支援機関を加えたグループを松江市の支援を受けて発足させ、商品開発や

販路拡大を中心とした「かまぼこ産業振興プロジェクト」をスタートしたところ

です。

(3)事業内容

<商品開発>

海外向け商品開発調査

②松江商業高等学校との連携による商品開発及び販路拡大

<販路拡大>

①「かまぼこの日」イベントの開催

②観光客等への販売戦略

 

東出雲町商工会
東出雲町商工会
〒699-0101
島根県松江市東出雲町揖屋1125
TEL 0852-52-2344